避難所

(注)記事のURLは他の人に教えないようにしてください

決算後落ち目を拾いたい銘柄その1

時価総額で暴落後割安圏内に入ってきたかなと思った銘柄です。

時価総額50億以下>
横田製作所 PER11倍。時価総額22億、◯
業務用ポンプやバルブの製造・販売。決算はかもなく不可もなくだったが地合いの悪さで投げ売りされている。
“アジア水ビジネス”最新事情、技術力で期待の銘柄は? <株探トップ特集> | 株探ニュース


ニックス 時価総額23億。評価△
虫除け網などを販売している。会社計画を元にした数字はPER8倍となっているが1Q決算は販管費の高騰や為替差損の影響で進捗率10%にとどまり失望売り。しかし1Q決算がこれだったのにもかかわらず通期計画は強気。


昭和システムエンジニアリング。時価総額34億。評価◯
金利上昇で好調な銀行系システム。PER10倍。進捗率83%。3Q決算と同時に増配予定を発表。ただし3Qが減益になっている点が少し不安要素。


アトムリビンテック。時価総額46億。PER11倍。◎
住宅用内装金具の総合メーカー。
2Q決算は前年比増益だったものの、通期を据え置きにしている点と地合いの悪さのせいで決算前よりも売り込まれている。

アトミクス。時価総額54億。PER9倍。評価◎
塗料中堅。道路表示用で首位。床材、屋根用にも強み。ハードコート材に力。
業績自体はとても好調で、経常利益は前年比倍くらいある。しかし去年あった法人税調整の払い戻しが無くなり、今年は法人税を払わなければならないせいで純利益はむしろ前年比マイナスということで下がっていた。チャートが反転したところからは上を目指せそう。


<100億以下>
トミタ。時価総額75億。PER8.5倍(決算待ち)
機械・工具の専門商社。工作機械等主力。電子関連拡大。海外積極展開。
2月14日決算。今年は非常に好調。決算期待のためか、2月ショックでもほとんど値段が下がっていない。


藤田エンジニア。時価総額80億。PER7.4倍(決算待ち)
群馬地盤の設備工事中堅。産業設備メンテ、省エネ技術に強み。設備システム等も。
業績は非常に好調。2Qまでの数字は前年同期比倍の利益。ただし、2Qはあくまで前倒しの受注なのであまり過大評価は出来ない。2Q決算の際に上がった反動で1130→800と大きく下げており。800円割れは狙いたい。
間もなく3Q決算日なのでで注意。


テノックス
先程書いたとおり3Q決算後大きく落ちましたが、これについては落ちた原因が少し深刻なので、1~2週間待ったほうが良いかもしれません。