「U12」  ロリコン殺すべし慈悲はない、みたいな作品

個人的評価★1

初期設定としては「ブラッドハーレーの馬車」。

2巻~3巻はフェイスレス司令が本性を表したあとの「からくりサーカス

4巻からは「がっこうくらし」の6巻以降という感じです。

違うのはなぜか犯罪者は全員がロリコンであり、犠牲者として選ばれた幼女はやたら強くて囚人たちを返り討ちにするということ。

f:id:tyoshiki:20170717114823j:plain
f:id:tyoshiki:20170717114805j:plain
f:id:tyoshiki:20170717114842j:plain
f:id:tyoshiki:20170717120734j:plain
f:id:tyoshiki:20170717122302j:plain

ロリコン殺すべし、慈悲はない。


作品としてはとにかくうわようじょつよい、のワンパターンすぎて面白くないのですが、それでもめちゃくちゃ女の子を可愛く描くので、多分女の子のことはすごい好きなのだろうと思います。

しかし一方で余計なことをするので作品が台無しになっています。4巻以降はひたすらになんだこれ?って感じ。なにかというと、悪役として民主党民進党国会議員たちを彷彿とさせるキャラがたくさん出てきます。「魔法少女プリティ★ベル」の作者も思想的な偏りが強かったのですが(本人は自分のは思想ではなくてリアリズムだと主張していましたが、アホかといいたい)この人も民進党嫌いはちょっとドを越して作品にまで染み出してきていて、読んでるこっちはドン引きです。なんでこういうことをするかなぁ……。この作品、余計な世界設定とか全く要らなかったと思うんですが

U12(4) (アフタヌーンKC)

闇川 コウ 講談社 2017-01-06
売り上げランキング : 59961
by ヨメレバ


f:id:tyoshiki:20170717121520j:plain